Lチカ

【ラズパイ】ラズパイでガンダムを光らせよう!(その1)

奇跡的に、2日連続でのブログ更新!!
今後は、「ラズパイでガンダムを光らせよう!」という夏休みの宿題的な、小学生にも楽しめてしまうプログラミング記事としていきますのでよろしくお願いします。必然的に文体も柔らかくしていきますので、大人な方にはお見苦しいかもしれませんがご容赦ください。

では、今日の作業ですが、ラズベリーパイでプログラムを組む前に、本気で、全力で、ガンダムの胸像(?)プラモデルを作っていきます。プログラムより、こっちの方が比重高くなってる気がしますが気にしないでくださいね。

まずは、入念に計画を。
ご覧のとおり、こちらのプラモはLEDの電飾をするにはもってこいの大きさなのですが、すべてのパーツが真っ白で光を通すクリアパーツがありません。なので、目と額(メインカメラと言います)、両肩にある謎の突起を複製してクリアパーツに置き換えていくことにします。(今夜は計画だけ)

DSC_0302

さらに、こちらはヘルメットを片側だけ外した写真です。LEDの配線を通す経路を作ってあげないといけません。
額のメインカメラはLEDそのものを入れるスペースが必要です。目の部分は裏側が空洞なので、ケーブルの配線経路だけ確保してあげればなんとかいけそう。真ん中にある支柱のようなパーツが邪魔なのでここを主に削って穴をあけていくことになると思います。

DSC_0304

ちなみに、ヘルメットは真ん中でパッカリと割れた竹割り状態なので、ど真ん中に合わせ目ができてしまいます。
これはガンプラモデラーとしては納得のいかないところですので、消していきましょう。
マスクは下から入れ込む「後はめ」が可能だとわかりましたので、その加工もしていきます。

ということで、ある程度計画ができたところでちょっとだけ工作。
アンテナの裏側にある肉抜き穴をエポキシパテで埋めました。乾燥したらサンドペーパーで整形します。

DSC_0305DSC_0308

今日はここまで。

 

コメントを残す

*

error: Content is protected !!