PHP

Cloud9でCakePHP3【その1】

ドットインストールさんの動画を参考に、Cloud9CakePHP3の開発環境を作ってPHPの学習をしました。その際の手順を残します。

1.PHP環境の確認

まずは、必要要件であるPHP環境を確認。
CakePHP3での必要条件は、以下のとおり。

  • PHPのバージョンが5.5.9 以上 (cakePHP3.2の必要条件に記載変更しました)
  • インターナショナル拡張が必要

➀PHPのバージョン確認

$ php -v

私の環境では、以下のように表示されました。
PHP 5.5.9-1ubuntu4.17 (cli) (built: May 19 2016 19:05:57)

➁PHPインターナショナル拡張の確認

$ php -i|grep intl

以下のように表示されればOK。(私の環境では拡張済みでした。)
/etc/php5/cli/conf.d/20-intl.ini,
intl
intl.default_locale => no value => no value
intl.error_level => 0 => 0
intl.use_exceptions => 0 => 0

2.データベースの設定

➀mysqlのバージョン確認

$ mysql –version

cloud9では、mysql自体はインストール済みです。念のため、バージョン確認をしました。
私の環境では以下のように表示されました。
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.49, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 6.3

➁phpmyAdminのインストール

$ phpmyadmin-ctl install

ログが流れて・・・最後の行にphpmyAdminへアクセスするためのリンクが表示されます。
PHPMyAdmin Installation complete. You can log in at: https://ワークスペース名−ユーザID.c9users.io/phpmyadmin with the following username (and blank password):
「You can log in at:」の後ろのURLがphpMyadminにアクセスするURL。
ログインIDは「Username:」以降に記載されたIDで、cloud9自体のIDと同じ。

➂phpMyAdminのログインとセットアップ

ログイン:
 Cloud9のIDと同じIDでログインする。パスワードは最初は設定されていないので空欄。
設定:
 「一般設定」の「サーバ接続の照合順序」: utf8_general_ci
外観の設定:
 「言語」を「日本語」
ユーザパスワードの設定:
 「ユーザ」タブを開いて該当ユーザIDの「特権を編集」リンクをクリック。
 下の方へスクロールすると、「パスワードを変更する」とあるのでそこでパスワードを入れ、
 右下に見える「実行」ボタンをクリックする。
続きは、また後日にします。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!